コーチングの意味

コーチングという言葉をはじめてお聞きになる方へ


1,000円しか持っていないのに2,000円のおもちゃを欲しがっている子ども。『買えるわけないじゃない!』って言いたいですね。ここで1,000円では買えないことを教えるのが、『ティーチ』です。1,000円で買えるよう導くのが 『コーチ』 です。 あなたならどうやって1,000円で2,000円のおもちゃを買いますか?


コーチという言葉の意味

info_recognition

スポーツなどでよく知られる『コーチ』(COACH)という言葉は、もともと馬車を意味したそうです。馬車は人を乗せて目的地に連れて行ってくれますね。こうした役割から転じて「子どもを、子ども自身が目指しているところへ連れて行ってあげる役割」をコーチと呼ぶようになりました。親が先生が思い描いた理想を押し付けるのではなく。子ども一人一人が自ら描いたゴールへと導くのがコーチの役割であり。親や先生の使命なのです。


キッズコーチングの目的

classroom

コーチの語源でもある馬車は、人を乗せると目的地へと連れて行ってくれます。でも乗せた人が行先を決めていなかったらどこへも連れていくことはできません。コーチも一緒です。子どもに行きたい場所があるから、なりたい自分ががあるから、達成したい目標があるからこそ、ともに進むことができるのです。そして進む道は一つではありません。早く着くことがいいとも限りません。遅くてもより多くの経験をつむ方が価値があることもあります。こどもが選ぶ道を信じ、ともに価値ある経験へつながるようサポートするのです。

キッズコーチングの目的は、子どもの自身が自分の生き方を決めて、自分の人生に責任を持てるよう導くこと。つまり「自立した大人へ」と導くことです。