コーチング事例

CASE 01: 子どもの行動には必ず理由がある
CASE 02: 「やだ~」という言葉の裏には「不安」という感情がある
CASE 03: 子どもへの大切な接し方「待つ」「質問する」「提案する」
CASE 04: 子どもが「できない」と泣いたら、「できないのね」と受け入れるのが一番効果がある
CASE 05: 模倣は集中力を高める
CASE 06: 体験レッスンで100%即入会を継続できる先生の秘密
CASE 07: やる気のない子には「出来た!」を体験させる
CASE 08: 「できた!」の繰り返し集中とよびます。「できない」を繰り返すと子どもは「つまらない」と言い出します
CASE 09: 「責任感」を育てるには、自分のことは自分で決める子にする
CASE 10: しつけにはタイミングが必要なのです
CASE 11: あまり怒らないお母さんは、必ず物事が起こる前に確認してしつけます
CASE 12: 我慢しなさいと言って「諦め」を教えてはいけない